最新情報!40歳以上の方限定 無料生活習慣病検診実施中!

治験や臨床試験で服用する薬は本当に安全なのですか?

危険性は全くありません。過去に副作用で後遺症が残ったような例は全くありません
仮に、万一副作用が残ったりした場合は製薬会社が治療費全額を負担してくれますし
さらに傷害の大きさに応じた額の慰謝料を払ってくれます。

 

 

日本国内で実施される臨床試験の多くが海外ですでに安全性が確認されて発売済みの薬を使用しますので、得体の知れない薬が投与されることはありません

 

治験では、まだ開発段階の薬の候補を実際に服用することになるため、協力してくださった方の人権や安全を充分に守らねばなりません。

 

また、薬の候補の安全性・有効性を、正確かつ科学的に評価しなければなりません。
このため、治験を行うにあたっては、法律でさまざまな厳しいルールが定められていますので治験=危険は間違った思いこみに過ぎないのです

 

このエントリーをはてなブックマークに追加