最新情報!40歳以上の方限定 無料生活習慣病検診実施中!

まずは臨床試験と治験の違いの説明

例えば何か、新しい薬を発見したとします。それを患者さんに服用してもらうことにより良くなるかな!何か良い結果が現れるかな!という研究は、新しい医療技術などを試すことになるので臨床試験という言葉を使います。

 

そして、治験というのは保険適用を目的として行う臨床試験です。新しい薬がどのような疾患に有効な薬であっても公的健康保険で承認されることによってはじめて保険診療のもとで、皆さんが病院で処方されて使用できるようになるのです。つまり保険承認を取得するために行う臨床試験のことを治験といいます。

 

 

「治験」は「臨床試験」の一部であり、「臨床試験」は「臨床研究」の一部でもあります。


 

臨床研究、臨床試験、治験は図に示すような関係にあります。臨床試験は、臨床研究のうち、治療や指導などの介入を行って、その結果を評価するものを言います。治験は、臨床試験のうち、新しい薬や医療機器が国の承認を得て一般の診療で使えるように、客観的なデータを集めることを目的として行うものを言います。

 

治験,臨床試験,新薬,高額報酬,おすすめバイト

臨床研究:人を対象として行われる医学研究
臨床試験:臨床研究のうち薬剤、治療法、診断法、予防法などの
     安全性と有効性を評価することを目的としたもの
治  験:臨床試験のうち、新しい薬や医療機器の製造販売の
     承認を国に得るために行われるもの

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加